更新履歴

2018年10月10日更新

古事記 イザナギの冥界下り
金沢 海みらい図書館

日時

2018年11月4日(日)

時間:16:30~18:00 第一部:講義(40分) 第二部:上演(40分)


会場

海みらい図書館 講義:1階交流ホール / 上演:3階カウンター前

参加費:無料

定員:40名(先着順)


お申込み

海みらい図書館

076-266-2011


チラシのダウンロード

『イナンナの冥界下り』人形バージョンのプロモーションビデオが完成しました。
ショートバージョンとロングバージョンの2パターンです



Next

イナンナの冥界下り

紀元前3500年ごろに起こった世界最古の都市文明、古代メソポタミアのシュメール文明、 そこで語られ、楔形文字で記録された、現存する最古の神話のひとつが「イナンナの冥界下り」

天と地を統治していた女神イナンナは、ある日冥界へと心を向ける。イナンナは7つの「メ(神力)」を身に付け冥界へと向かう。 しかし冥界は「帰らざる国」。足を踏み入れたものは生きて帰ることはできない。イナンナは大臣ニンシュブルに言う。 「もし自分が三日三晩戻らなければ、神々の元に行き、泣いて助けを求めよ」

冥界に到着したイナンナは冥界の門番ネティに取次を頼む。冥界の女王エレシュキガルはイナンナの来訪を聞き命じる。 「冥界の7つの門をすべて閉じ、イナンナ自らに開けさせよ。そして一つの門ごとに身に付けてている「メ」を引き剥がすように」と命じる

Next

ヨーロッパ公演

イギリス ロンドン大学 / リトアニア 国立劇場

2018年2月、イギリス/ロンドン大学内Senate House, Chancellor's Hallとリトアニア/国立ドラマシアターで開催された二公演についてのレポートです。

Next

今後の公演について

これからのイナンナ

欧州公演でひとつの流れを終えました。これからはまったく違ったアプローチで上演して行きます。 今まで御覧いただいた方たちからは、これからのイナンナは不評かもしれません。 全編シュメール語バージョン。すべて人形バージョン、後半付バージョンを制作予定です。

Next